HAWAII123.com  ●トップページ ●旅行計画と旅の基本情報




ネイバーアイランドへ
     
   
 JALのコナ便を除いて、日本からの航空機はすべてホノルル国際空港に着陸します。マウイ島、ハワイ島などのネイバーアイランドへ向かう場合は、ホノルル空港にて入国手続き後に乗り換えとなります。
 ホノルルからネイバーアイランドへ就航しているのは、アロハ航空(AQ)とハワイアン航空(HA)です。2社ともにフライトスケジュール、料金等に大きな違いはありません。
 また、モロカイ島やラナイ島、ウェストマウイ空港などの小さな空港に向かう場合は、アロハ航空系列のアイランドエアーが就航しています。

アロハ航空

ハワイアン航空

アイランドエアー

★航空券と運賃
 ハワイ諸島間の航空運賃は均一料金です。どの島からどの島に飛んでも、1フライトとして計算されます。航空券は出発前に日本で購入することをお勧めします。アロハ航空、ハワイアン航空ともに日本に支社があり、日本語のHPも開設されています。
 また、ネイバーアイランド間の航空券はホノルルまでの航空券と別に購入するより、日本からネイバーアイランドまで通しで購入した方が安くなります。別途で購入する場合も、日本発券を条件とした割引運賃があるので、日本で事前に購入すると良いでしょう。
 いくつかの島を周遊する方や家族連れやグループなどで人数の多い場合は、一定の期間内乗り放題のパスや回数券型のチケットを購入するとおトクです。

★インターアイランドターミナル
 ホノルル空港では、ネイバーアイランドに向かう乗客はインターアイランドターミナルかコミューターターミナルを利用します。アロハ航空とハワイアン航空はインターアイランドターミナルから、アイランドエアーはコミューターターミナルから発着しています。
 インターアイランドターミナルは、国際線到着ロビー一般用出口を出て2階に上がり、ターミナル前の道路を左方向に歩いていくと2〜3分で到着します。コミューターターミナルは、インターアイランドターミナルのさらに先になりますので、歩いていくのが大変な方や荷物の多い方は空港内を巡回しているウィキウィキバスを利用すると良いでしょう。

★チェックインから搭乗まで
 ターミナルに着いたらチェックインをします。チェックインカウンターは、アロハ航空がインターアイランドターミナル2階の海側、ハワイアン航空が同2階の山側、アイランドエアーがコミューターターミナルの山側です。チェックインは出発時刻の1時間前までに済ませましょう。
 チェックインカウンターではパスポートと航空券を提示し、荷物を預けて、搭乗券と荷物のクレームタグ(預り証)を受け取ります。搭乗券にはフライト番号とゲート番号、搭乗開始予定時刻が記されていますので確認します。
 国際線からの乗り継ぎには2時間が必要とされています。日本からのフライトが早く到着してしまった場合、予約よりも早いフライトに空席があれば変更が可能です。但し、出発時刻が迫っていると荷物の搭載が間に合わず、荷物だけ後のフライトで来ることになります。
 なお、アイランドエアーを利用される方は、チェックインの際に帰りの便のリコンファーム(予約の再確認)をしておくと良いでしょう。

アロハ航空

出発時刻を再確認!

アイランドエアー

 チェックインを済ませたら、セキュリティチェックを通って出発ロビーへ向かいます。出発ロビーには、カフェテリア、ファーストフード、ブックスタンド、ギフトショップなどがあります。これらの用を済ませたら、搭乗券に記された出発ゲートに移動します。
 インターアイランドの路線はいずれも座席の指定がありません。すなわち、搭乗順に空いている席に座ることになりますので、グループや家族で隣り合って座りたい場合や窓側の席を確保したい場合は、早めに並ぶことをお勧めします。列のかなり前の方に並んでいていも、優先搭乗の乗客や、そのフライトがカウアイ発ホノルル経由マウイ行きなどの場合はすでに機内にカウアイからマウイに行く乗客がいるので、希望通りの席に座れないこともあります。
 ゲートに着いたら、案内板で便名と行き先が正しいかどうか確認します(下の写真1)。時々、ゲート変更がありますので発着案内のモニター(下の写真2)で確認して下さい。ゲート脇の壁に「GENERAL BOARDING」のサインがありますので(下の写真3)、ここから順に並びます(下の写真4と5)。ファーストクラスを利用される方や、航空会社のゴールドメンバー、身体の不自由な方、小さな子ども連れの方は優先搭乗できますので、「FIRST CLASS」のサインの下に並びます(下の写真6)
 搭乗は概ね出発時刻の20分前から始まります。

写真1

写真2

写真3

写真4(並ぶ前)

写真5(並んだ後)

写真6

★機内では
 機内に入ったら空いている席に速やかに着席します。なお、前2列はファーストクラスです。
 アロハ航空ではボーイング737型機を使用しているので、座席は通路を挟んで3列+3列に、ハワイアン航空ではボーイング717型機を使用しているので、左2列+右3列となっています。またアイランドエアーはDASH-8というプロペラ機を使用していて、2列+2列の座席配置です。
 ホノルルからネイバーアイランドに向かうときは進行方向左側に、ホノルルに戻ってくるときは進行方向右側に座ることをお勧めします(カウアイ線除く)。マウイ島、ハワイ島方面に向かう飛行機は離陸後、ワイキキ沖を飛行するのでホノルルの街並み、ダイアモンドヘッド、ハナウマベイなどを眼下に見ることができます。その後、モロカイ島やマウイ島、ラナイ島が見えるのも左側の座席です。帰りの便では右側に見えます。
 カウアイ島に向かうときは、離陸後すぐに旋回してしまうのでホノルルの景色は少ししか見えませんが、リフエ空港着陸前にカウアイの海岸線を楽しむことができます。カウアイからの帰りは左側にオアフ島が見えます。
 但し、アロハ航空では真ん中から前よりの座席、ハワイアン航空では後ろよりの座席に座ると、横に翼があり視界を遮ります。
 機内中央の非常口横の座席は、英語を話すことができ、緊急時にドアの操作などのアシストができる人でなければ座ることはできません。これらの座席にはそれを告知するカバーが掛けられています。
 機内では、ジュース、コーヒー等のサービスがありますが、飛行時間が短いので、配り終えるとすぐに空き容器を回収されるような慌ただしさで、コーヒーは熱いまま飲まなくてはなりません。座席の前のポケットには機内誌が用意されており、日本語版もあります。
 目的地の空港までの実際の飛行時間は20分〜40分程度です。

★各島の空港
島名 空港名 所要時間 就航会社
マウイ島 カフルイ空港 約35分 アロハ航空、ハワイアン航空
ウェストマウイ空港 約30分 アイランドエアー
ハワイ島 コナ(ケアホレ)空港 約40分 アロハ航空、ハワイアン航空
ヒロ空港 約50分 アロハ航空、ハワイアン航空
カウアイ島 リフエ空港 約35分 アロハ航空、ハワイアン航空
ラナイ島 ラナイ空港 約30分 ハワイアン航空、アイランドエアー
モロカイ島 ホオレフア空港 約25分 ハワイアン航空、アイランドエアー


カフルイ空港

コナ空港

ウェストマウイ空港

★空港からホテル・コンドミニアムへ
 飛行機が到着したら、「BAGGAGE CLAIM」のサインに従って進み、搭乗前に預けた荷物をピックアップします。メインランドからのフライトが到着するカフルイ空港などでは、荷物が出てくるカルーセル(ターンテーブル)がいくつもありますが、モロカイ空港やウェストマウイ空港などではカウンター越しに受け取るといった感じです。予定より早いフライトや出発ギリギリで搭乗した場合など、荷物が次の(後の)フライトで運ばれてくることもあります。空港によっては、チェックインの時に受け取るクレームタグ(預り証)を係員が確認するところもあります。
 ツアーなどでは、降機ゲートからバゲージクレイムの出口までのどこかに出迎えの係員がいます。タクシーを利用される方は、定められた乗り場から乗車します。レンタカーを利用される場合は、「Car Rental」のサインに従って進むと、各レンタカー会社のチェックインカウンターがあります。空港によっては各レンタカー会社のピックアップバスに乗ってオフィスに向かい、手続きをします。
 ネイバーアイランドの各空港からリゾートエリアまでの標準的な時間は下表の通りです。

島名 空港名 滞在エリア 所要時間
マウイ島 カフルイ空港 カアナパリ 約40分
キヘイ 約20分
ワイレア 約30分
ハナ 120分程度
ウェストマウイ空港 カアナパリ 約10分
カパルア 約10分
ハワイ島 コナ(ケアホレ)空港 コハラコースト 30分〜40分程度
カイルア・コナ/ケアウホウ 15分〜30分程度
ヒロ空港 ヒロ市内 約10分
カウアイ島 リフエ空港 プリンスビル 約60分
ポイプ 約30分
カウアイ・ラグーン 約5分
ラナイ島 ラナイ空港 ロッジ・アト・コエレ 約15分
マネレ・ベイ・ホテル 約25分
モロカイ島 ホオレフア空港 モロカイ・ランチ 約20分


 
     
●旅行計画と旅の基本情報