アラモアナセンター
ALA MOANA CENTER

アラモアナセンター

常に進化を続けるハワイ最大のショッピングモール

アラモアナセンターは、ワイキキの中心から約2km空港寄りにある、ハワイ最大のショッピングモールです。ハワイで最も有名なショッピングスポットのひとつで、ハワイを訪れる日本人旅行者の方が必ず買い物に行く場所といっても間違いないでしょう。周囲を駐車場に囲まれた広大な敷地には、4つのデパートを筆頭に340以上のショップやレストランが並んでいます。バラエティに富んだジャンルのお店があるので、ほとんどの方が欲しいものを見つけられるのではないでしょうか。

アラモアナセンターのすごいところは、常に進化を続けているショッピングモールであるということです。東西南北に平面的な拡張を続けるだけでなく、時にはフロアを増やして上方向にも拡張されています。その結果、21世紀の初めに200店ほどだったテナントの数は、約1.7倍の340店になりました。しかも新しく開店するお店は、話題のお店や人気のお店ばかりで訪れる人をガッチリと惹きつけています。いつ訪れても工事をしている姿は、バルセロナのサグラダファミリアを思い起こさせ、永遠に完成しないのではと思ってしまうほどです。

アラモアナセンター モールレベルのノードストローム側
空港側に拡張されたエリア
アラモアナセンターにあるラスベガスのフォーコーナーのような場所
ラスベガスのフォーコーナーのような場所

アラモアナセンター攻略のカギ

広大なアラモアナセンターを攻略するカギは、何といっても事前の情報収集です。アラモアナセンターにどんなお店が入っていて、自分はどこで何を買いたいのかを、ハワイに出発する前に明確にすることです。次に、アラモアナセンターの全体像と行きたいショップやレストランの位置を把握し、回る順番を決めることです。そうすれば広いセンター内を無駄に歩き回ることがなくなり、効率的なショッピングができます。ダイヤモンドヘッド寄りの百貨店メイシーズから空港寄りの百貨店ノードストロームまでは約500メートルあり、何も見ないで歩くだけで7-8分かかってしまいます。それが3フロアあって、さらに山側にも伸びているのがアラモアナセンターなのですから。

アラモアナセンターに着いたら、まず自分の位置を確認しましょう。そして、2階のモールレベルに上がります。モールレベルに上がったら、4つの百貨店、メイシーズ、ニーマンマーカス、ノードストローム、ブルーミングデールの位置関係を覚えます。モールレベルはアラモアナセンターで最も基準にしやすい通りで、ここから上のフロアに行く、下のフロアに行く、あるいはノードストローム側に行く、ニーマンマーカスの手前に行くなどど考えれば、センター内で迷うことはなくなるでしょう。

アラモアナセンターのノードストローム
ノードストローム
アラモアナセンターのブルーミングデール
ブルーミングデール

ちなみにレンタカーでアラモアナセンターに行く場合、駐車場の場所が重要です。モールの周囲にぐるっと何層かに分かれて駐車場があるので、目的のお店から遠い場所に駐めたら、とてつもない距離を歩くことになります。特にファミリーで小さなお子さんやお年寄りが一緒の方は注意してください。駐車場の入口はアラモアナセンターが面しているどの通りにもあるので、事前にどこから入るか決めておくといいでしょう。

アラモアナセンターで注意しなければならないのは、日曜日はどのお店も19時で閉店してしまうということです(特定の日を除く)。旅行中は曜日の感覚を失いやすいので、気をつけてくださいね。後で行こうと思ってゆっくりゴハン食べていたら閉まってしまったという話は、よく聞きます。

アラモアナセンターにはデパート、スーパー、ドラッグストア、ブランドブティック、専門店、コンビニなど何でも揃っています。さらに、オフフィフス(サックスフィフスアベニュー)やターゲットのオープンも予定されています。他に行く必要はないかもしれません。しかしながら、周辺の徒歩圏内にはお土産用のチョコレートやコーヒー、マカデミアナッツが安いドンキホーテやウォルマート、大手ドラッグストアのウォルグリーン、ファッション系アウトレットのロスドレス、人気ショッピングスポットのワードビレッジなど魅力的な場所があります。アラモアナセンターを基点にこれらの場所で買い物する場合も、事前に順番を決めておくといいでしょう。買い物は後になるほど荷物が増えていきます。歩く距離や購入するアイテムの大きさ、重さなど考慮してショッピングを楽しんだら、最後は気持ちよくタクシーで帰りたいものです。ワイキキまで10-15ドルです(チップ除く)。

アラモアナセンター アラモアナ通り側のエントランス
バスが着くアラモアナ通り側のエントランス
アラモアナセンター モールレベル メイシーズ側
モールレベル(2階)メイシーズ側

アラモアナセンターはフードコートもメガサイズ

アラモアナセンターをあちこち歩いて買い物していると、おなかが空きます。公式にはアラモアナセンターに90を超えるレストランやフードショップがあると言われていますが、白木屋ジャパンビレッジウォークが1店としてカウントされているため、実際には120を超えるお店があります。ショッピングの合間に手早く済ませたいのであれば、巨大なフードコート「マカイマーケット」か「白木屋ジャパンビレッジウォーク」がおすすめです。マカイマーケットは、いわゆる何でもあるフードコートで、ステーキ、麺類、ピザ、チャイニーズプレートランチ、タイ料理、ハワイアンフードなど世界各国の料理のお店が30近くあります。白木屋ジャパンビレッジウォークは日本からの出店も多く、ラーメン、お好み焼き、おにぎり、とんかつ、焼き肉など30以上のお店が入っています。

少し時間があってゆっくりと食事を楽しむことができるのであれば、ニーマンマーカスの中の「マリポサ」、メイシーズの中にあるアランウォンのレストラン「パイナップルルーム」あたりで優雅にハワイ気分に浸りたいものです。人気のパンケーキレストラン「エッグスンシングス」は空港側と山側の角の1階に、フォレストガンプで有名になったエビ料理の「ババガンプ」はメイシーズ側4階にあります。

ちょっと変わったところでは、日系スーパーのニジヤマーケットでお弁当を買ったり、フードランドファームズのデリをテイクアウトして、道路を渡ったアラモアナビーチパークでピクニック感覚で食べるのもいいかもしれません

アラモアナセンターのマカイマーケット全景
巨大フードコート「マカイマーケット」
アラモアナセンターの白木屋ジャパンビレッジウォークの客席風景
日本からの出店も多い白木屋ジャパンビレッジウォーク

アラモアナセンター1階のセンターステージでは、毎日午後1時からハワイのフラショーが披露されています。買い物の途中で休憩がてら、本場のフラを楽しむのもいいですね。日曜日はケイキフラショー(地元の子供たち)になります。

アラモアナセンターの基本情報

住所
1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu
電話番号
(808)955-9517
営業時間
月曜〜土曜 9:30〜21:00、日曜 10:00〜19:00
※レストラン、デパートなど一部店舗は異なります。
※祝日、クリスマスシーズンなど変更になる場合もあります。
行き方
ワイキキから、E、8、19、20、23、24、42番のバスでアラモアナセンター下車。帰りはコナストリート側のバス停から、8、19、20番のバス。
ワイキキトロリーはピンクラインで。2019年3月までピンクライン乗車時にJCBカードを見せると料金が無料に。
タクシーはワイキキから10-15ドル(チップ別途)。
レンタカーはアラモアナ通りまたはアトキンソン通り経由でアクセスし、センターの周囲を回って目的のお店に近い入口から駐車場へ。駐車場入口は10カ所以上あります。

アラモアナセンターの地図