HAWAII123.com  ●トップページ ●旅行計画と旅の基本情報




ホノルル空港からホテル・コンドミニアムへ
     
   
 空港からワイキキ方面へ行くには、タクシー、エアポートシャトル、市バス等の交通手段があります。
 タクシーは料金がいちばん高くなりますが、重い荷物を持つ必要もなく、滞在するホテルやコンドミニアムに早く到着できます。
 エアポートシャトルはホテルの前まで連れていってくれ、料金はタクシーより割安なので、少しでも節約したい人にはいいでしょう。但し、出発まで待ち時間があったり、ホテルを回る順序によっては時間がかかる場合があります。
 レンタカーは空港で車をピックアップしてしまえば、後はマイペースで行動できます。
 いずれにせよ、予算や人数、旅のスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

★タクシー
 国際線到着ロビーの一般用出口(税関を出て右よりの正面)前の道路中央の安全地帯にタクシー乗り場があります。
 乗り場に近づくと黄色いシャツのタクシー専用係員(Taxi Dispatcher)が、「Taxi ?」と声をかけて来ますので、行き先(滞在先)を告げて車を回してもらいます。
 空港で営業しているタクシーはこの係員によって仕切られており、安心して利用できる乗り物です。通常、係員へのチップは必要ありません。
 オアフ島のタクシーはメーター制で、ワイキキエリアのホテルまでの所要時間は約30分、空港からワイキキのホテルまでの料金は25〜28ドルで、降車時に15%程度のチップをプラスしてドライバーに渡します。
 タクシーは待ち時間もなく、何人かで利用すればシャトルバスに比べてもそれほど割高ではありません。なお、特に大きな荷物には別途料金が加算されることがあります。

★エアポートシャトル
 空港とワイキキのホテルを往復するシャトルバスが約20分毎に運行されています。
 シャトルバスの乗り場は一般用出口前の中央分離帯を右方向に進んだところです。予約の必要はなく、行き先はドライバーに告げます。
 エアポートシャトルの料金は、1人片道8ドル(往復利用の場合は13ドル)で、3歳以下のこどもは無料です。現金での支払いになりますので、手持ちのドルがない人は空港で両替しておきましょう。
 スーツケース程度の手荷物2個までは料金に含まれいますが、それ以上の荷物やゴルフバッグ、ボディボードなどは1個につき2ドル〜5ドルが加算されます。また、サーフボードや自転車など大型の荷物を乗せることは出来ません。
 少人数であればタクシーよりも割安で、ワイキキ地区であればほとんどのホテルやコンドミニアムの前で降ろしてくれます。ワイキキまでの所要時間は約40分ですが、各乗客のホテルを順番に回るので、状況によってはさらに時間がかかることもあります。

★バス(The BUS)
 スーツケースなど大きな荷物の持ち込みができないので、ホノルル到着時の利用はあまり一般的ではありません。ひざに乗せられる大きさまでは大丈夫なので、ネイバーアイランドへ日帰りで出かけた時などには利用できるかもしれません。
 料金は大人1.50ドル、子供7.50ドルの均一料金で、19番と20番の路線がダウンタウン経由でワイキキまで運行しています。
 所要時間は約40〜60分、乗り場は出口を出て階段を上がった2階正面の道路の中央の安全地帯にあります。

 なお、バスの乗り方等については、次のページをご参照下さい。
・バスを乗りこなす

★レンタカー
 ホノルル空港では主要なレンタカー会社のレンタカーを利用することができます。
 レンタカーを利用される方は、一般用出口を出て正面の道路を右の方に歩いていきます。最初の信号のところで再びターミナル内に入り、左側に進むと各レンタカー会社のカウンターがあります。ここでチェックインをすることができます。チェックインを済ませたら、道路中央の安全地帯(縁石に「RENTAL CAR PICKUP」と書かれているところ)から各社のピックアップバスに乗ります。なお、上記のカウンターがクローズされている場合は、直接ピックアップバスに乗ります。
 ピックアップバスには各レンタカー会社のロゴが大きく描かれているのですぐに見つけられるでしょう。ピックアップバスは通常、5分〜15分間隔で運転されていて、各社のオフィスまで3〜4分で到着します。
 空港からワイキキまでは、H1経由でもニミッツ経由でも30分程度で着きます。日本からの到着時間が遅い場合や到着日が週末の場合は、道路が混んでいないのでもう少し早く到着できます。

 なお、レンタカーの借り方、運転方法、交通ルール、注意事項については次のページをご参照下さい。
・ハワイドライブガイド


 
     
●旅行計画と旅の基本情報