ハワイ123ドットコム

ハワイの通貨と両替

 ハワイで流通している通貨はUSドルです。ワイキキの日本人相手のお店では日本円が使えるところもありますが、ドルを使わずに過ごすことはできません。出発前に必要な量を両替すると良いでしょう。

★何を持っていくか

 海外旅行での支払手段は現金またはクレジットカードが一般的です。クレジットカードは高額商品の買い物やホテルの宿泊代金の支払い、身分証明書の役割を果たすレンタカーの支払などに便利です。また、現金を持ち歩きたくないときなどにも便利です。(詳細はクレジットカードのページ参照)
 現金は少額の買い物やタクシー料金の支払、チップ等に便利なほか、あらゆる場面で使用できます。しかし多額の現金を持ち歩くのはリスクがあります。
 ハワイでの使い勝手や安全を考えると、旅行の目的や持っていく金額よって、現金とクレジットカードの割合を決めるのが良いでしょう。

★ハワイの紙幣と硬貨

ドル紙幣

上から1、5、10、20ドル

ドル硬貨

上段左から1、5、10セント、下段左から25、50セント、1ドル

紙幣

 1ドル~10,000ドルまで11種類の紙幣がありますが、一般的に出回っているのは、1ドル、5ドル、10ドル、20ドル紙幣です。50ドルや100ドルなどの高額紙幣は「お釣りがない」などと敬遠されたり、偽札かどうか念入りにチェックされたりすることもあります。

硬貨(コイン)

 1セント~1ドルまで6種類の硬貨がありますが、一般的に流通しているのは1セント、5セント、10セント、25セントです。それぞれ、1セント=ペニー、5セント=ニッケル、10セント=ダイム、25セント=クォーターという別称があります。額面と硬貨の大きさは比例しないので注意が必要です。
 25セント硬貨は、公衆電話や自動販売機、パーキングメーター、コインランドリーなどを使用する際に重宝します(25セント硬貨しか受け付けない機械もあります)。
 なお、硬貨は日本に帰国後、円に両替することはできません。

★日本での両替

 外貨の両替では、その国で強い通貨から弱い通貨へ替えるのが基本なので、USドルへの両替は出発前に日本で済ませておくことをおすすめします。またハワイに到着後、両替の機会がなくて、飲み物も買えないというような事態を避けることができます。
 日本では、都市銀行や地方銀行の本支店、一部の郵便局(ゆうちょ銀行)、大手旅行代理店、国際線が発着する空港の両替所などで両替ができます。また、インターネットで申し込める銀行や旅行代理店の外貨宅配サービスも利用できます。
 両替の際には、各紙幣をバランス良く揃えることが重要です。20ドル紙幣及び10ドル紙幣を中心にして、チップ用に1ドル紙幣を20~30枚ぐらい用意していくといいでしょう。たくさんの現金を持っていく人は、50ドルとか100ドルの高額紙幣がかさばらなくて便利ですが、高額紙幣は小さな店などでは受け取ってもらえないこともあります。

★ハワイでの両替

ハワイのATM

ハワイのATM

 日本で両替していったドルを使い切ってしまった場合や、出発前に何らかの事情で両替ができなかった場合には、ハワイで両替をすることになります。ハワイでは空港、銀行、ホテル、州政府公認の両替店で両替が可能です。このなかで、レートがいちばんおトクなのは、州政府公認の両替所です。また、ホノルル空港の両替所やホテルのキャッシャーでの両替は必要最小限にとどめた方が良いでしょう。
 ワイキキでは、DFS(Tギャラリア:免税店)のあるロイヤル・ハワイアン通りに、州政府公認の両替店が数軒並んでおり、その日の「円→ドル」のレートを比較して両替店を選ぶことができます。多くの両替店は夜11時頃まで営業しています。
 また、ショッピングセンターやモールなどには、自動外貨両替機やクレジットカードでキャッシングができるATMが設置されていますので、有効に利用したいものです。